舟状骨骨端線損傷 中学1年生 サッカー

  • 2019.11.21 Thursday
  • 09:55

 

「舟状骨骨端線損傷 中学1年生 サッカー」の続きです

 

整形外科にて1週間放って置かれてしまい、処置が遅れ

 

症状が悪化してしまっていました。

 

【初診日〜16日】

 

みさわ整骨院で固定を行い、松葉杖で1週間安静を保ち、

 

その後は足首の固定は外し、足の裏のみの固定を続けたまま

 

16日間経ちました。

 

やはり最初の処置がかなり響いており、2週間以上経っている

 

にもかかわらず、患部の圧痛がまだまだ強く現れています

 

固定を外しての歩行時痛は消失したため、固定を外し

 

本格的なリハビリをはじめました。

 

 

【初診日より17日〜】

 

少しずつランニング、ボールタッチ等を始めています。

 

サッカーのインサイドパスの時にちょうどぶつかる位置のため

 

まだ思いきりキックすることは許可していませんが、

 

少しずつ強度を上げていきます。

 

 

夜9時まで受付

骨折・ねんざの専門整骨院

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5−101

03−6807−9797

090−7185−3386