分離膝蓋骨 手術後のリハビリ 1

  • 2017.09.28 Thursday
  • 08:00

 

当院に来院中の中学生が「分離膝蓋骨」の

 

 

手術を受けました。

 

 

分離膝蓋骨とは、何らかの理由でお皿の骨が

 

 

分裂したまま大人の骨になってしまった状態です

 

 

正常なお皿の骨は逆三角形をしています↓

 

 

 

下のイラストのようにお皿の上外側部分が分離している事が最も多い↓

(※左膝蓋骨例)

 

 

 

分離してしまう原因は不明な部分もありますが

 

 

生まれたばかりの子供の骨はほとんど

 

 

軟骨組織(透明でレントゲンでは写らない組織)でできています

 

 

その軟骨組織の中に骨の素(骨核)があります

 

 

成長と共にその骨核を中心に軟骨組織の骨化(大人の骨に近づき白くなっていくこと)

 

 

が進み、だいたい高校を卒業する頃には全ての骨が骨化し大人の骨になります

 

 

その成長段階でスポーツなどで負荷がかかったり、

 

 

またスポーツをしていなくても何らかの原因で骨化がうまくいかず

 

 

分裂した状態で大人の骨になってしまうことがあります。

 

 

それが分離膝蓋骨の正体です。仮に分離膝蓋骨だとしても

 

 

痛みとして症状が現れなければ気付かずに過ごしている方もいますが、

 

 

激しいスポーツをすると分離した部分に負担がかかり

 

 

炎症を起こし痛みが現れてしまいます。

 

 

今回の患者さんは小学生の頃から分離膝蓋骨の痛みに悩まされ

 

 

ごまかしごまかしサッカーをしてきましたが、

 

 

中学3年生になり部活を引退したのをきっかけに

 

 

分離した部分(小さい骨片)を取り除く手術を受けました。

 

 

手術後、1週間ほどでリハビリに来院されたのですが

 

 

膝が90度も曲がらず、曲げると激痛が走る状態でした。

 

 

松葉杖をつき、膝が曲がらないため歩くのもままならないので

 

 

まずは寝ながらリハビリを開始しました。

 

 

初回の写真を撮っていませんが、リハビリ2回目の写真はコチラ↓

 

 

 

自分の力で90度曲げられました。

 

 

リハビリ4回目になると↓

 

 

 

 

もう少し曲げられるようになりました。

 

 

しかし手術跡とまわりの筋肉の激痛に耐えながらおこなっています!

 

 

徐々にリハビリの強度を上げて、

 

 

早く運動に復帰できるようサポートしていきます!

 

 

骨折・捻挫のリハビリ専門整骨院

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする