突き指は引っ張らないで!!

  • 2017.02.24 Friday
  • 20:37

 

一昔前、突き指をすると

 

 

 

「引っ張れ」と言われていました。

 

 

 

実際に今でもその言葉を信じ

 

 

 

引っ張っている方がいるそうです・・・

 

 

 

そんな方に言いたい!

 

 

 

「絶対に引っ張らないで下さい!」と

 

 

 

『突き指』とはボールなどが指先にぶつかり

 

 

 

関節を守っている靱帯

 

 

 

筋肉の腱を損傷する怪我です

 

 

 

ひどい場合は骨折することもあります

 

 

 

骨折した場合は骨と骨を接ぐために

 

 

 

引っ張ることもありますが、

 

 

 

突き指のほとんどは捻挫の状態です。

 

 

 

※捻挫とは靱帯という組織が伸ばされたり、

 

 

 

傷ついた状態です※

 

 

 

そのように組織が傷ついているところを

 

 

 

引っ張ってしまったら余計傷が深くなり

 

 

 

悪化させてしまいます。

 

 

 

突き指した時のイメージを解説します

 

 

 

1.ボールが指にぶつかります

※写真はイメージです

 

 

 

 

2.ぶつかった瞬間、関節が急激に

 

  あらぬ方向に曲げられ、

 

  靱帯を痛めます

 

  (赤の二重線が靱帯)

 

 

 

 

 

ボールが当たった瞬間に起こっているので

 

 

 

感覚としては関節が詰まってしまったように

 

 

 

感じるのですが、実際はこのように

 

 

 

『捻挫』の状態になっています

 

 

 

突き指も早めの処置が大切です

 

 

 

怪我をした際は医療機関にかかりましょう!

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする