手首 骨端線損傷 中学3年生 サッカー

  • 2018.06.21 Thursday
  • 09:00

 

【怪我の原因】

 

サッカーの試合中、ゴールキーパーをしていて、

 

シュートを止めた際、相手に手のひら側から蹴られ、

 

手首が手の甲側に強く折り曲げられ負傷。

 

 

【初診時の症状】

 

 

 

腫れ

 

圧痛

 

軸圧痛

 

手首の動作不能(痛みが強いため)

 

 

【処置】

 

骨端線部(※)の圧痛が強かったため

 

町屋五丁目整形外科クリニックさんにレントゲンを

 

撮りに行っていただきました。

 

プライトン&厚紙固定

 

ライプス波治療

 

※骨端線とは骨が成長する部分

 

 成長期にみられ、骨組織が途切れている部分であるため

 

 やや強度が弱い

 

 

夜9時まで受付

骨折・ねんざの専門整骨院

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5−101

03−6807−9797

コメント
コメントする