子供の骨折 『骨端線損傷』

  • 2017.03.03 Friday
  • 16:06

 

骨端線とは

 

 

 

別名「成長線」とも呼ばれる

 

 

 

骨が伸びるために必要な

 

 

 

“伸びしろ”の様なものです

 

 

 

写真で見てみましょう!

 

 

 

まずは成人の骨です

 

 

 

 

 

次は10歳の骨です

 

 

 

 

上の写真はどちらも

 

 

 

足首のレントゲンです

 

 

 

一見、骨が折れているように見えますが

 

 

 

これが正常の子供の骨です

 

 

 

場所によりますが、

 

 

 

大体成人する頃までに

 

 

 

骨端線は消え、成人の骨が完成します

 

 

 

足首を捻り「捻挫だ!」と思っても

 

 

 

実は骨折していた。

 

 

 

ということも少なくありません

 

 

 

捻挫だと思っていたら骨折してた例
捻挫だと思っていたら骨折してた例

 

足首の外くるぶしの部分が

 

 

 

折れているレントゲンです。

 

 

 

子供の場合は骨端線の部分を

 

 

 

損傷することもあり

 

 

 

レントゲンでも見極めが難しく

 

 

 

ただの捻挫として済まされてしまう

 

 

 

場合もあります。

 

 

 

損傷度合によっては成長障害など

 

 

 

が生じるため、

 

 

 

捻挫だからと甘くみず、

 

 

 

医療機関にかかりましょう!

 

 

 

 

 

トレーニングブログはコチラ

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03−6807−9797

 

 

 

 

コメント
コメントする