親指 骨折 30代 男性

  • 2018.11.16 Friday
  • 09:30

 

【怪我の原因】

 

フットサルでゴールキーパーをしている時、

 

ボールが手にあたり負傷。

 

 

【初診時症状】

 

腫れ

 

圧痛

 

熱感

 

発赤

 

腫れも赤みもあります

 

 

右親指付け根が太いのわかりますか?

 

【処置】

 

整形外科にてレントゲン検査をおこない

 

当院にてプライトン固定をおこないました

 

 

【治癒までの流れ】

 

〈受傷〜5日目〉炎症期

 

ライプス波と固定をおこない、安静に過ごします。

 

 

〈受傷6日目〜2週間〉

 

ライプス波と固定をおこないながら、徐々に運動をおこないます。

 

血流を促し、損傷部の修復を早めていきます。

 

ここで安静にしすぎると、修復が遅れます。

 

またリハビリの強度が強すぎても炎症反応が再発してしまうため

 

日頃から患部の熱感を確かめつつ、リハビリをおこないます。

 

 

〈2週間以降〉

 

固定を外し、患部を徐々に動かしていきます。

 

 

 

受傷部位や重症度によりますが、

 

受傷直後に固定をおこない、

 

安静→患部の周りの運動→固定除去と管理ができれば

 

ほとんどの場合、2週間目以降からは固定を軽くして

 

リハビリをおこなえるようになります。

 

固定期間が短くても長くても治癒が遅れてしまいますので

 

怪我をされた方は、早めの受診をお勧めします。

 

 

夜9時まで受付

骨折・ねんざの専門整骨院

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5−101

03−6807−9797

コメント
コメントする