突き指での骨折例 マレットフィンガー

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 10:49

 

バスケット、サッカーのゴールキーパー

 

 

 

バレーボールなどで起こりやすい

 

 

 

怪我の1つに「突き指」があります

 

 

 

2017.2.24 突き指は引っ張らないで!

 

 

 

突き指というと放っておいても

 

 

 

治ってしまうイメージがありますが

 

 

 

場合によっては骨折することもあるんです

 

 

 

今回はその一例をご紹介します

 

 

 

 

「マレットフィンガー」とは

 

 

 

ボールなどが指にぶつかり

 

 

 

 

 

第1関節が急激に曲げられて

 

 

ベキッ!

 

 

 

 

 

指の一番先端の骨が関節の近くで

 

 

 

腱に引っ張られて

 

 

 

剥がれるように骨折する

 

 

 

剥離(はくり)骨折の一種です

 

 

 

その他にも腱自体が切れてしまったり

 

 

 

骨がもっと大きく剥がれてしまったりと

 

 

 

 

場合によっては手術が必要になってしまいます

 

 

 

今回の患者さんは剥がれた部分が小さく

 

 

 

比較的治りやすい折れ方でした。

 

 

 

 

ちなみに私も中学生の時に

 

 

 

突き指をして同じ骨折をしています

 

 

 

ちゃんと固定していたつもりが・・・

 

 

 

 

 

 

私の現在の指です

 

 

 

第1関節が落ちてしまっています

 

 

 

機能的には問題ないのですが

 

 

 

見た目がよろしくないですね

 

 

 

この時は整形外科で作ってもらった

 

 

 

固定具をつけていましたが

 

 

 

この様な結果になってしましました。

 

 

 

 

今回当院で治療中の

 

 

 

マレットフィンガーの患者さんは

 

 

 

バスケットボールで突き指をして負傷。

 

 

 

次の日には来院されて治療と

 

 

 

固定を行い現在2週間が経ちました。

 

 

 

美容師さんですので仕事も休まず

 

 

 

バスケットのシュート練習も休まず

(本当は絶対安静ですが・・・)

 

 

 

 

続けております!

 

 

 

受傷直後の写真を撮り忘れ

 

 

 

2週間後の写真しかありませんが

 

 

 

 

 

 

人差し指が折れている指です。

 

 

 

他の指と比べると

 

 

 

第1関節のシワが全く確認できないので

 

 

 

腫れはまだ残っていますが

 

 

 

私の手のような変形は全く観られず

 

 

 

とてもきれいに治っています

 

 

 

2週間経ったタイミングで

 

 

 

もう一度整形外科にてレントゲンを

 

 

 

撮り、骨折部がくっついてきているのが

 

 

 

確認でき、安心しました。

 

 

 

Next マレットフィンガー 固定編

 

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

 

 

コメント
コメントする