骨を強くするためには・・・

  • 2019.09.11 Wednesday
  • 00:00

 

 

最近、「世界一やさしい!栄養素図鑑」という本を読んでいます。

 

職業柄、栄養の本はそこそこ読んでいるのですが、

 

なかなか記憶が追いつきません・・・

 

そのため今回ブログにしたのも、アウトプットをして記憶に残そう!

 

という、下心をモチベーションにして書いていきます。笑

 

 

今回は【ビタミンD】について

 

ビタミンDの主な役割は2つあります。

 

まず1つは、

 

血中カルシウム濃度(血中Ca濃度)を維持すること。

 

血中Caは筋肉・心臓を動かすのに必要なため、

 

血中に一定の濃度をキープしないといけません。

 

血中Caが不足すると

 

ビタミンDは骨からCaを溶かして、血中に運びます。

 

 

 

役割の2つ目は、

 

食物からのCaの吸収を助け、

 

そしてその吸収したCaを骨に運ぶ。

 

結果、骨を強くします!

 

 

ビタミンDの役割をまとめると

 

骨からCaを取ったり、

 

逆に骨にCaを届けているということです。

 

 

 

ビタミンDを多く含む食材

 

きのこと魚・卵などの動物性食品です。

 

そしてビタミンDは「脂溶性ビタミン」のため、

 

油と一緒に摂取すると、吸収力がUPします!

 

またビタミンDは日光を浴びることで、

 

体内でも合成できるという特徴があるため、

 

1日20分から30分、日光に当たると良いそうです。

 

 

最近の研究では

 

花粉症などのアレルギー各種に効果があることや、

 

免疫力を高める可能性も高く、風邪やガン予防にもつながる

 

という研究もされています。

 

 

最後に過剰にビタミンDを摂取すると、

 

腎臓に負担がかかるため、サプリメント等で

 

摂取する場合は注意が必要です。

 

 

夜9時まで受付

骨折・ねんざの専門整骨院

みさわ整骨院

荒川区東尾久1-3-5

03-6807-9797

コメント
コメントする