リスフラン関節捻挫 サッカー

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 17:19

 

サッカーでは捻挫、打撲、肉離れなど

 

 

 

様々な怪我が起こります

 

 

 

中でも膝や足首の捻挫、筋肉の打撲

 

 

 

が多くみられます

 

 

 

今回はリスフラン関節という

 

 

 

足部の関節を捻挫した症例をご紹介します

 

 

 

リスフラン関節とは足の甲にある関節です

 

 

 

 

 

写真の通り土踏まずの辺りに位置し

 

 

 

インステップキック(強いシュートを打つキック)

 

 

 

の時に直接ボールが当たる場所でもあります。

 

 

 

今回怪我をした選手は

 

 

 

センターバックとしてプレーしていて、

 

 

 

ボールをクリアするために

 

 

 

蹴ろうとした際、1歩早く相手にボールをカットされ

 

 

 

その相手の足を蹴ってしまい負傷しました

 

 

 

その後試合も出続け1週間経ってから

 

 

 

当院に来院されました。

 

 

 

その時の状態がこちらです

 

 

 

負傷した足
逆の足

 

 

1つ目が負傷した足、

 

 

 

2つ目が逆の正常な足

 

 

 

1つ目の写真、リスフラン関節の部分が

 

 

 

腫れているのがわかりますか?

 

 

 

症状は

 

 

 

腫れ

 

 

 

押した時の痛み(圧痛)

 

 

 

足の親指を動かした時の痛み

 

 

 

リスフラン関節部を動かした時の痛み

 

 

 

体重をかけた時の痛み です。

 

 

 

来院した次の日が試合だったので

 

 

 

テーピングをし練習に向かってもらいました。

 

 

 

 

 

練習に参加しましたがやはり痛みで

 

 

 

練習にならず、試合当日は痛み止めを飲み

 

 

 

なんとか試合をやりきりました。

 

 

 

後日「治療編」もアップ致します

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする