サッカー救護で感じたこと。

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 02:31

 

2019年12月15日㈰荒川区東尾久グラウンドでサッカー大会の救護をおこないました。幸い大きな怪我人は出ずに無事に大会を終えることができました。

今回はクリエーション大会といい、近隣地区(埼玉県含む)の選抜チーム同士が戦う大会でした。選抜チームということもあり基本的には技術が高い子供が集まっていると思うのですが、チームによってレベルの差がみられました。大きな差が現れていたのは2つで、仝朕佑竜蚕僖譽戰襦↓▲繊璽爐侶茲泙蠅瓦箸陵解度です。まず,ないと戦術も何もないのですが、,ある前提で考えるとルールを理解することは「サッカーで勝つ」ことについては大切なんだと感じました。

ただ個人的には小学生、中学生のうちはチームのルールなしで、個人技でゴリゴリ攻めていくスタイルを身体に覚えさせると将来いいサッカー選手になり、そして、チャレンジを怖がらない人間に育つのではと思いました。

 

 

夜9時まで受付

骨折・ねんざのスポーツ外傷専門整骨院

みさわ整骨院

http://misawaseikotsuin.com

東京都荒川区東尾久1-3-5-101

090-7185-3386

03-6807-9797

コメント
コメントする