足の親指の怪我 サッカー

  • 2017.04.03 Monday
  • 12:45

 

やはりサッカーは

 

 

 

足のケガが多いスポーツです

 

 

 

今回は親趾(おやゆび)の付け根の痛み

 

 

 

の症例を紹介します

 

 

 

ちなみに「趾」という字は

 

 

 

足の指の時に使う漢字です

 

 

 

読みは「指」と一緒で

 

 

 

「ゆび」「し」と読みます

 

 

 

さて、親趾の痛みと言っても様々ですが

 

 

 

今回は「種子骨炎」と「外反母趾」を

 

 

 

併発している症例です

 

 

 

まずは症状から

 

 

 

親趾の付け根内側が腫れています

 

 

 

写真1

 

 

 

写真2を見てもらってもわかるのですが

 

 

 

押して痛みの出る場所に

 

 

 

ペンでマークしてあります

 

 

 

写真2でわかるのは

 

 

 

足の裏側も腫れていることです

 

写真2

 

 

 

 

写真3は足裏の痛い場所です

 

 

 

 

写真3

 

 

写真4は骨の絵を書き足しています

 

 

 

赤丸の部分に「種子骨」という

 

 

 

関節部で筋肉の滑りを良くする

 

 

 

滑車のような働きをする骨が2つあります

 

 

 

写真4

 

 

写真1での腫れ具合と

 

 

 

写真3の痛みの出ている部位から

 

 

 

「種子骨炎」と「外反母趾」を

 

 

 

併発していると判断しました

 

 

 

どちらも

 

 

 

アーチの崩れ

 

 

 

過度の運動

 

 

 

が重なると発生するケガです

 

 

 

そこで普段吐いているスパイクを

 

 

 

持ってきてもらいました

 

 

 

そのスパイクの写真です

 

 

 

 

 

赤線で書き足しましたが、

 

 

 

靴の履き口の部分が

 

 

 

左より右の方が内側に広がり

 

 

 

いびつな形をしています

 

 

 

この靴の状態を診ると

 

 

 

やはり右足のアーチが崩れ、

 

 

 

出るべくして出た痛みと言えます。

 

 

 

今回の症例に対するテーピング例です

 

 

 

 

 

 


明日から遠征に向かう選手なので

 

 

 

本人はやる気十分ですが

 

 

 

別メニューになってしまうかもしれませんね

 

 

 

あとは監督とチームトレーナーの判断に

 

 

 

お任せしたいと思います!

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする