膝の打撲 陸上競技 高校生

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 08:00

 

3000メートル障害のレース中

 

 

 

ハードルに膝を強打し負傷した

 

 

 

高校2年生のケースです

 

 

 

レース序盤で負傷し、なんとか最後まで

 

 

 

走りきったのですが、その後痛みで

 

 

 

足を引きずりながら帰ってきました

 

 

 

日曜日でしたが、その日のうちに

 

 

 

来院でき処置しました。

 

 

 

まずは写真で

 

 

 

初日の状態と健側(怪我していない方)

 

 

 

との比較をしてみましょう

 

 

 

注:押して痛みの出るところ(圧痛点)に

 

 

 

×マークをつけています

 

 

 

 

 

 

黒丸の部分が大体のお皿の位置です

 

 

 

次は健側の写真です

 

 

 

 

 

次は痛めた方の足です

 

 

 

 

 

写真の取り方が下手なため

 

 

 

わかりづらいですが

 

 

 

膝のお皿の上内側から

 

 

 

ももの内側(内側広筋)

 

 

 

にかけてかなり広範囲に

 

 

 

腫れと圧痛点がありました。

 

 

 

急性の怪我で大切なのは負傷直後に

 

 

 

アイシングと圧迫固定を行うこと!

 

 

 

 

ガンガン冷やします

アイシング

 

熱をとるための湿布を貼ります

湿布

綿花をつかって包帯で圧迫します

圧迫固定

 

 

打撲をして筋肉などの組織を痛めている時は

 

 

 

患部で出血が起き、腫れと熱が出る

 

 

 

炎症状態にあります。

 

 

 

まずは氷で冷やし、

 

 

 

皮膚の傷を止血するのと一緒で

 

 

 

上から圧迫して押さえます

 

 

 

すると早く出血が止まり

 

 

 

治るまでの期間を短縮できます。

 

 

 

2週間後にインターハイ予選があり

 

 

 

時間的には厳しい状態ですが

 

 

 

なんとか間に合わせたいと思います!

 

 

 

2日目以降の状態もアップしていきます

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする