スポーツ救護 バレーボール

  • 2017.04.16 Sunday
  • 17:31

 

本日はバレーボールの救護にいってきました

 

 

 

大きな怪我はなく無事に大会を終えました

 

 

 

症例1

30代女性 左膝関節内外側の痛み

 

 

 

以前外側側副靱帯を痛めていて

 

 

 

レシーブ時の膝を曲げる動作で痛む

 

 

 

テーピングをおこない動きを制限する

 

 

 

症例2

20代女性 右膝部の痛み

 

 

 

学生時代オスグットになり

 

 

 

現在でもジャンプの着時に

 

 

 

痛みがあらわれる

 

 

 

膝が曲がりすぎないように

 

 

 

テーピングで制限する

 

 

 

症例3

30代男性 腰部の痛み

 

 

 

ジャンプの着地の衝撃で負傷

 

 

 

動きによって痛みが現れる

 

 

 

筋肉の緊張をとり

 

 

 

テーピングで動きを制限をした

 

 

 

症例4

40代男性 背部の痛み

 

 

 

左右の肩甲骨の間の筋を負傷

 

 

 

首の動きで痛みが現れる

 

 

 

胸椎、肋骨の動きが悪かったため

 

 

 

動きを作りテープで補強をおこなう

 

 

 

症例5

30代男性 右内転筋損傷

 

 

 

ジャンプの着地と右足で踏ん張る動作で

 

 

 

痛みが強く出る

 

 

 

この方は次の試合まで時間があったため

 

 

 

低周波治療器をかけて

 

 

 

 

 

施術で筋緊張を取り除き

 

 

 

テープで筋のサポートと

 

 

 

サポーターで患部の圧迫をしました

 

 

 

惜しくも決勝で負けてしまいましたが

 

 

 

最後まで動けていました!

 

 

 

症例6

40代男性 腰部の痛み

 

 

 

動き出し時に痛みが現れる

 

 

 

股関節まわり、腰まわりの筋緊張が

 

 

 

出やすくなっているため

 

 

 

緊張をやわらげる体操をおこないました

 

 

 

症例7

40代男性 腰部の痛み

 

 

 

数日前の練習中に痛めてから

 

 

 

一度良くなっていたが

 

 

 

1試合目の途中に再発し

 

 

 

2試合目以降は試合には出場せず

 

 

 

応急処置をおこないました

 

 

 

仙腸関節部の処置をおこない

 

 

 

テープで保護し

 

 

 

帰宅後のアイシングも指導しました

 

 

 

症例8

30代男性 左親指の痛み

 

 

 

ブロック時に負傷しやすく

 

 

 

数え切れないほど捻挫をしていて

 

 

 

関節自体が緩くなっていました

 

 

 

バレーボールを休むほどではないため

 

 

 

治りきる前に再受傷を繰り返していました

 

 

 

この方は試合は終わっていたため

 

 

 

普段の練習からテーピングで

 

 

 

保護するようにテーピングの

 

 

 

巻き方をお教えしました

 

 

 

最後に

 

 

やはり即結果を出さなくてはいけない

 

 

 

スポーツ救護の現場は刺激になり

 

 

 

日頃の施術にも活かすことができます!

 

 

 

これからもできる限り

 

 

 

スポーツの現場に出て

 

 

 

経験を積みたいと思います

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1-3-5

03-6807-9797

コメント
コメントする