オスグッド サッカー 中学生

  • 2017.04.20 Thursday
  • 12:00

 

今回ご紹介するのは

 

 

中学2年生、サッカーのゴールキーパーを

 

 

 

している患者さんです

 

 

 

オスグッドとは

 

 

 

脛骨粗面(写真でとんがっているところ)

 

 

 

が太ももの筋肉の引っ張りによって

 

 

 

剥がされてしまう怪我です

 

 

 

 

 

 

 

 

原因となる太ももの筋肉は

 

 

 

ももの前を通り、膝のお皿を介して

 

 

 

脛骨粗面に付着します

 

 

 

サッカーのキック、バスケットやバレーボールの

 

 

 

ジャンプの動作で酷使する筋肉のため

 

 

 

激しいスポーツをしている

 

 

 

骨が未発達な小・中学生に多発します

 

 

 

成人の膝関節を横から見ると

 

 

成人の膝関節
※赤丸部分が脛骨粗面

この様な感じです

(ちょっとわかりづらいですかね・・・)

 

 

 

次は小・中学生の膝関節を横から見てみると

 

未発達な膝関節

 

 

この年代の関節付近には「骨端線」という、

 

 

 

いわゆる骨が伸びる成長線が残っています。

 

 

 

骨端線に関しては以前のブログをご参照下さい

 

 

 

2017.03.03 子供の骨折「骨端線損傷」

 

 

 

骨端線の部分は構造的に弱くなっているため

 

 

 

サッカーのキックやジャンプの動作で

 

 

 

ももの前の筋肉(イラスト黄色い線)に

 

 

 

何度も何度も引っ張られて

 

 

 

下のイラストのようになります

 

 

オスグッド(骨がめくられている状態)

 

 

こうなると最初に載せたこの写真↓

 

 

 

 

 

のように脛骨粗面の部分が出てきて

 

 

 

スポーツをする度に痛みが増して

 

 

 

酷くなると日常生活でも

 

 

 

痛みが治まらず

 

 

 

しゃがめない床に膝がつけない

 

 

 

というような症状が現れます。

 

 

 

重症化してしまうと大好きなスポーツを

 

 

 

休まなくてはいけなくなりますが、

 

 

 

早い段階で発見、治療ができれば

 

 

 

練習量の管理

 

 

 

予防ためのトレーニングをしながら、

 

 

 

ほとんどの場合、練習を続けられます!

 

 

 

お子様が「膝の少し下の部分が痛い」と

 

 

 

訴えましたら早めに医療機関にかかりましょう!

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする