内転筋損傷 サッカー 中学生

  • 2017.04.22 Saturday
  • 08:00

 

内転筋とは太ももの内側にある

 

 

 

筋肉の総称で、読んで字の如く

 

 

 

「股関節を内転させる筋肉」です

 

 

 

内転とは

 

 

 

太ももと太ももで何かを

 

 

 

 

挟む時に使う動きです

 

 

 

この様な動きも内転です↓

 

 

 

内転とは、脚や腕を身体の中心に近づける動き
また中心を通り越して反対側に動かすこと

 

 

 

 

内転筋群には6つの筋肉があります

 

 

 

薄筋(はっきん)

 

 

 

恥骨筋(ちこつきん)

 

 

 

小内転筋(しょうないてんき)

 

 

 

短内転筋(たんないてんきん)

 

 

 

長内転筋(ちょうないてんきん)

 

 

 

大内転筋(だいないてんきん)

 

 

 

すべて骨盤から大腿骨(ももの骨)に

 

 

 

付いています。

 

 

 

今回が痛めた筋肉は

 

 

 

長内転筋と大内転筋です。

 

 

 

×がついている場所が圧痛点

 

 

 

 

サッカーのシュート練習で

 

 

 

1本目から強いシュートを

 

 

 

打とうとして痛めました。

 

 

 

症状は

 

 

 

圧痛(押して痛い)

 

 

 

ストレッチすると痛い

 

 

 

シュートを打つ動作で痛い です

 

 

 

筋損傷にも段階があり

 

 

 

最も重症のものは

 

 

 

「筋断裂」といい

 

 

 

滅多にありませんが、筋肉が

 

 

 

完全に切れてしまうことです

 

 

 

その次は皆さんよく耳にする

 

 

 

「肉離れ」です。肉離れのほとんどは

 

 

 

筋肉の部分断裂です。

 

 

 

今回の症例は

 

 

 

肉離れでも軽度の肉離れで

 

 

 

ボールを蹴った衝撃で内転筋が

 

 

 

過度に伸ばされて痛めているため

 

 

 

筋が急激に伸ばされたことによって

 

 

 

筋繊維が微細に断裂した状態です

 

 

 

 

まず初日はアイシングをし、

 

 

 

超音波などを駆使し治療します。

 

 

 

本来なら包帯などで圧迫を施しますが

 

 

 

軽度の症例でしたので圧迫はせず

 

 

 

施術だけおこないました。

 

 

 

自宅でのアイシングと

 

 

 

ストレッチしすぎないことを伝え

 

 

 

次の日も練習に出るため

 

 

 

ウォーミングアップを入念にするよう

 

 

 

指導しました。

 

 

 

筋損傷についてはコチラの記事も

併せてご覧下さい↓

 

 

2016.09.29 

肉離れと筋打撲の違い(肉離れ編

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする