柔道 救護 症例

  • 2017.04.23 Sunday
  • 23:14

 

本日は荒川区少年柔道大会の救護でした

 

 

 

柔道自体はものすごく弱いのですが

 

 

 

観るのは大好きでして、

 

 

 

救護活動しながら特等席で柔道を観られる

 

 

 

贅沢な時間を過ごしてきました

 

 

 

また専門学校時代の恩師とも

 

 

 

久しぶりにお会いでき

 

 

 

いろんな意味で嬉しい救護活動でした

 

 

 

早速本日の症例報告です

 

 

 

まず切り傷が6件ありました。

 

 

 

柔道は組み手争いの時に

 

 

 

手や足の指が切れたり

 

 

 

爪が剥がれたりしやすい競技です。

 

 

 

次に鼻血が5件。

 

 

 

女子では1人もいませんでしたが

 

 

 

男子だけで5件ありました

 

 

 

次は捻挫です

 

 

 

11才の男子選手は

 

 

 

直前の練習で足首の捻挫をしてしまい

 

 

 

サポーターをしていたのですが

 

 

 

やはりサポーターでは固定力が弱いため

 

 

 

テーピングをおこないました。

 

 

 

もう1人は親指の捻挫です

 

 

 

この選手も何日か前の練習で

 

 

 

左親指の付け根を捻挫していました。

 

 

 

腫れているため左親指のシワが
無くなっています

 

 

腫れが強かったため

 

 

 

テーピングで固定しました。

 

 

 

 

 

 

 

10才女子選手は組み手の最中に

 

 

 

薬指を突き指してしまい

 

 

 

第1関節部を捻挫していました。

 

 

 

すでに試合は終わっていたので

 

 

 

シップをし、自宅でのアイシングを

 

 

 

指導しました。

 

 

 

お次は打撲です

 

 

9才男子選手。

 

 

 

投げられた際、床に顔から突っ込み

 

 

 

顔面部の打撲をしました。

 

 

 

腫れ、傷はなく軽度の打撲でしたので

 

 

 

アイシングをし、脳震盪の検査をして

 

 

 

問題なかったため、親御さんに

 

 

 

一応明日までこまめに様子をみてもらうよう

 

 

 

お伝えしました。

 

 

 

最後は9才女子選手。

 

 

 

この選手は優勝したのですが、

 

 

 

決勝戦後足を引きずって痛がっていたので

 

 

 

診せてもらったところ、受傷直後に関わらず

 

 

 

腫れが強く、骨の部分に圧痛(押して痛いこと)

 

 

 

左足親指の腫れが強く出ていました

 

 

を訴えたため、骨折の疑いがあると判断し

 

 

 

紹介状をお渡しし、

 

 

 

金属で固定し明日整形外科に行ってもらうよう

 

 

 

促しました。

 

 

 

 

 

 

 

最後の骨折の疑いのある女子選手の

 

 

 

診断結果が気になりますが

 

 

 

その他は大きな怪我もなく

 

 

 

大会を終えました。

 

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1-3-5

03-6807-9797

コメント
コメントする