荒川区ジュニアフットサル大会 救護活動

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 12:33

 

荒川総合スポーツセンターで

 

 

 

フットサル大会の救護活動をおこないました

 

 

 

開会式

 

 

 

前日には親指の亜脱臼や脳震盪を

 

 

 

起こした子がいたということで

 

 

 

心配していましたが、

 

 

 

亜脱臼した子は固定をしながら

 

 

 

元気にプレーをしていたので

 

 

 

安心しました。

 

 

 

さて、今回も症例をご紹介します。

 

 

 

症例1

 

9歳男子 左膝上打撲

 

 

 

浮いたボールに対して

 

 

 

相手と競り合った時にバランスを崩し、

 

 

 

左膝を床に強打して負傷。

 

 

 

左内側広筋(お皿の上、内側の筋肉)を

 

 

 

打撲して痛めていました。

 

 

 

アイシングをしたら、痛みが落ち着いたため

 

 

 

処置はしませんでした。

 

 

 

症例2

 

9歳男子 試合後、鼻から出血

 

 

 

ティッシュにワセリンを付け

 

 

 

鼻に詰めました。

 

 

 

症例3 

 

9歳男子 ゴールキーパー

 

左下腿部打撲or骨折

 

 

 

試合中、ボールを止めに飛び込んだ時

 

 

 

相手に踏まれて負傷。

 

 

 

ふくらはぎの筋肉、腓骨頭部の

 

 

 

圧痛(押した痛み)が強く

 

 

 

じっとしていても痛みを訴えていました

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ結果を聞けていないため

 

 

 

はっきりとしていませんが、

 

 

 

骨折の可能性もあるため、

 

 

 

試合後病院に行って検査をするよう指示し

 

 

 

固定具と包帯で固定をしました。

 

 

 

 

 

 

症例4

 

10歳男子 左内転筋損傷

 

 

 

試合の1週間前くらいに負傷し

 

 

 

完全に治りきる前に練習や試合を

 

 

 

していたため、プレー中に痛みが

 

 

 

悪化し、テーピングで固定をし

 

 

 

プレーを続けました。

 

 

 

今回は人数は少なかったですが、

 

 

 

骨折の疑いや肉離れ、亜脱臼もあったため

 

 

 

内容の濃い、救護活動でした。

 

 

 

「怪我をしないこと」を目標に

 

 

 

予防やトレーニングを通して、

 

 

 

まずはみさわ整骨院の患者さんに

 

 

 

伝えていこうと思います!

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする