踵の痛み 30代 男性 踵骨棘(しょうこつきょく)

  • 2017.06.30 Friday
  • 09:36

 

踵骨棘(しょうこつきょく)とは、まさに

 

 

(かかと)のにできた(とげ)のことです

 

 

レントゲン写真参照↓(※他の患者さんのレントゲンですが)

 

 

踵骨棘 レントゲン

 

 

足の裏には足の指を曲げる筋肉や足底腱膜という

 

 

足のアーチを構成している筋肉と腱でできた膜があります

 

 

この筋肉や膜は踵の骨から足の指に向かって

 

 

扇状に広がっているのですが(下の写真参照)

 

 

踵骨棘 イラスト

 

 

特に踵の骨の部分には筋肉や足底腱膜からの

 

 

負担が集中してかかりやすくなっています

 

 

この部分に長期にわたって負担がかかり続けると

 

 

何かのきっかけで突然痛みだし、ひどい場合は

 

 

熱を持って、腫れてきます。

 

 

今回の患者さんの初診時の写真を見てみましょう↓

 

 

 

 

 

写真ではわかりづらいですが、

 

 

実際に触ると熱を持っていて、

 

 

腫れが強く出ています

 

 

左右で触り比べると左踵まわりの皮膚に余裕がなく、

 

 

硬くなっていました。

 

 

炎症が強く出ていたため、アイシングをし

 

 

土踏まずにクッションを入れて、踵に直接

 

 

体重がかからないように処置しました。

 

 

骨折・捻挫のリハビリ専門整骨院

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1−3−5

03-6807-9797

コメント
コメントする